アルツハイマーに怯えないで|光は必ずある

65歳未満の発症は若年性

シニア夫婦

臭覚が衰えた時には要注意

高齢化社会が進むにつれて認知症が社会的な問題になっていますが、アルツハイマーは認知症を引き起こす病気です。記憶力や考える力が衰える脳疾患で、日常生活を送ることも困難になります。アルツハイマーは高齢者に多いと思われがちですが、実は若年性のアルツハイマー病が増えているのです。若年性のアルツハイマー病の特徴は65歳未満で発症する点です。初期症状の特徴としては日付や曜日や季節がわからなくなったり、通い慣れた道順を忘れたり、距離感が掴めずにぶつかることが多くなります。初期段階では頭痛やめまいや不眠になることもあります。若年性アルツハイマー病にはいくつかの予兆があります。臭覚機能が衰えたり急に体重が減少したり睡眠障害が出始めたら要注意です。

DHAなどのサプリで予防

若年性アルツハイマー病は働き盛りの40代や50代でかかることもあり、そうなると会社を辞めざるをえなくなります。予兆が出る前に色々な予防対策をしておくと効果があります。大事なのは日頃の生活習慣で、食生活と運動は特に改善する必要があります。最近の研究では日常的に運動をしていると発症しにくいということがわかっています。激しい運動は長続きしないので、軽いジョギングやウォーキングといった長続きする運動を続けると予防になります。また、食生活では塩分を減らす工夫をします。青魚に含まれているDHAやEPAといった成分がアルツハイマーには効果があることがわかっています。青魚を食べられない人はこれらの成分が配合されたサプリを飲むことによって、発症を予防することができます。若い頃からサプリメントを摂取して、将来の健康を守るように心がけると良いでしょう。

豊富な栄養素が人気

緑のサプリメント

クロレラを超える効果を持っているとされるミドリムシは植物性と動物性の両方の栄養素が含まれています。そのため他に例を見ない豊富な栄養素が入っています。サプリメントやドリンクなど多様な種類で販売されています。

もっと見る

ミドリムシの効能は

栄養補助食品

ユーグレナは非常に多くの栄養素が摂取できるので、全ての人におすすめすることができます。その健康効果は多岐にわたり、デトックスによるダイエット効果や美容効果、免疫向上など様々なはたらきがあります。しかしユーグレナを飲んだからといってすぐに痩せるわけではありませんので注意します。

もっと見る

個人差のある症状

漢方

更年期に現われる代表的な症状が更年期障害です。漢方薬を使用すればホルモンバランスにも作用して症状が緩和されていきます。自覚症状として更年期障害の症状が重くなってきたと感じたら、漢方を試してみるのも効果的でしょう。

もっと見る

Copyright © 2016 アルツハイマーに怯えないで|光は必ずある All Rights Reserved.