アルツハイマーに怯えないで|光は必ずある

個人差のある症状

漢方

症状が出始める年齢

更年期障害の症状には個人差があります。初潮を迎える年齢が早ければ早いほど閉経の年齢も早いと言われています。従って、更年期の症状を体感する年齢も人によって異なるのです。更年期障害の原因はエストロゲンにあります。エストロゲンは女性ホルモンの一種ですが、10歳前後から卵巣で分泌されます。そして30代をピークに後は減少する一方なのです。エストロゲンの減少と共に更年期の症状が現れ始めます。脳がエストロゲンを分泌されるようにと命令するのですが、命令しても卵巣で作られなくなりますので、その矛盾が原因で肉体面と精神面で影響を及ぼしてしまいます。更年期障害の症状を和らげるためには漢方が効果的です。副作用も感じることがないので手軽に始めることができます。

若くして発症するケース

更年期障害が一般的には閉経前後に起こるので40代から50代にかけて症状が現れることが多いのですが、稀に若くして発症してしまうことがあります。若い人でダイエットを行っていたり過度なストレスを感じている人は注意が必要です。年齢が若くてもホルモンバランスが崩れてしまい、月経がなくなってしまうことがあります。エストロゲンが減少することによって若年性の更年期障害が発症してしまうのです。更年期障害かもしれないと疑うようになったら漢方を試してみてください。漢方は薬局でも購入可能ですし、通販でも購入することが出来ます。病院で治療するほど深刻な症状ではないけれども更年期障害が気になる方は漢方を取り入れてみましょう。

Copyright © 2016 アルツハイマーに怯えないで|光は必ずある All Rights Reserved.